3.11以後の建築はどう変わった?

437_3rd_main

ちょっと興味深いイベントのご紹介を。2011311日に起きた東日本大震災は、建築家と建築界に大きな意識の変化をもたらしました。
建築家がそれ以降どのような役割を果たし、どんな未来を描こうとするのか。伊東豊雄をはじめとした21組の現代建築家が自分なりの手法で向き合う取り組みを「みんなの家」「災害後に活動する」「エネルギーを考える」「使い手とつくる」「地域資源を見直す」「住まいをひらく」「建築家の役割を広げる」という7つのセクションで紹介しています。水戸芸術館で2016年1月31日まで。

詳しくは https://arttowermito.or.jp/gallery/gallery02.html?id=437