建方工事

この工事は1日であっと言う間に終わります。家づくりの過程で一番迫力があると思っています。

image

建方(たてかた)とは、現場において建築構造を支える骨組みである「柱」「梁(はり)」等、を組み上げる棟上げ(むねあげ)までの工程です。

棟上げ(むねあげ)は上棟(じょうとう)ともいうのですが、建物の一番高い位置にある部材、棟木を取り付けるときのことです。
つまり、前回の土台敷きの状態から柱や梁などを組み立てて屋根のてっぺんまで作り上げます。

imageimage

なぜ一日で終わらせるかというと、中途半端に柱などを組み立ててしまったら、不安定なままです。いつ倒れてくるかわからない状態で置いておくわけにはいきません。
なので、建方はほぼ1日で終わります。

家づくりをされる方には是非見ていただきたい工事です。