防火地域と家づくり

「防火地域」と「準防火地域」と呼ばれる地域があります。
これは都市計画の際に建物が密集する都市の防災のために決められた地域です。建築基準法ではそれぞれの具体的な制限内容が定められています。

◆防火地域ってどんな場所?

人が多く行きかう場所や建物が密集した地域で火災などが起こればどうなるでしょうか。犠牲者、被害規模など大惨事になりかねません。都市の中心市街地や主要駅前、主要幹線道路沿いなど大規模な商業施設や多くの建物が密集している地域では建物の構造を厳しき制限して防火機能を高めなければなりません。このような地域で指定されるのが「防火地域」で、もっとも防災上の規制が厳しい地域となります。建物も耐火建築物でなければなりません。

※耐火建築物
鉄筋コンクリート造や鉄骨造などの構造で、火災が発生した時、周囲に延焼せず、建物が倒壊などが起きないような建築物のことを指します。外部に面する開口部など「延焼のおそれがある部分」(サッシやドアなど)には、遮炎性能をもつ防火設備を設置する必要があります。さらに火災後も修繕をして再使用が可能であることが求められます。木造の家を建てたいと考えている方には要注意です。使うことができる資材は火災による火や熱にどれだけ耐えることができるのか試験に合格したものになります。サッシは木製サッシは使用できません。防火のアルミサッシを使用しなければならなかったり、様々な制限がかかります。周囲の建物に火が移る可能性の高い開口部は特に制限がかかります。

◆防火地域と準防火地域

防火地域と準防火地域では建物の制限が変わってきます。どちらも条件によっては木造の家づくりが可能ですが、防火地域の方がより制限がかかっています。法律よってかなり細かく制限は指定されていますが、ここでは地上から何階建てかどうか、延べ床面積がどのくらいか、この条件でどんな構造の家づくりが可能かなどといった簡単な紹介をしていきたいと思います。

地域 階数・延べ床面積 建築物仕様 木造 鉄骨造 鉄筋コンクリート造
防火地域 3階以上 or 延べ床面積100㎡以上 耐火建築物 × △ ※1
2階 or 延べ床面積100㎡未満 準耐火建築物以上 △ ※2 △ ※2
平屋 延べ床面積50㎡以内 一般建築仕様
準防火地域 4階以上 or 延べ床面積1500㎡超え 耐火建築物 × △ ※1
3階建て or 延べ床面積500㎡~1500㎡ 準防火建築物 △ ※2 △ ※2

※1 耐火被覆要、※2準耐火仕様

耐火建築物、準耐火建築物、耐火被覆要は前述していますが、法律で細かく制限が掛けられています。火災による火や熱にどれだけ耐えることができるのか試験に合格したものになります。1時間合格したもの30分合格したものなど様々です。もちろんこういった家をつくる場合、費用もかかります。防火地域の土地は安く売られていることが多いです。土地が安く買えた分、建築に費用をかけられると思いきや、耐火建築物にすることによって、費用がかさみ、うまくいかないことも…。土地にお金をかけて防火地域以外の土地を買い、家を建てるのと同じくらいの費用がかかる場合もあります。
是非こちらを参考に土地探しを行っていただければと思います。