ナラの無垢フローリング

iestでの家づくりではナラの無垢フローリングを標準仕様としています。
無垢フローリングは木そのものの風合いを生かしていて、質感や心地よさがあります。調湿作用に優れていて、コンクリートの約2倍断熱性があると言われています。夏は涼しく冬は暖かい環境をつくり、化学物質を使用しないため、有害物質を発生させず、アレルギーやアトピーの心配が少ないことも大きな魅力です。

ナラは無垢フローリングでは定番になります。十分な強度と耐久性を持ち、くっきりとした木目と淡い褐色の風合いはさまざまなテイストにマッチします。年月が経つほどに味わい深くなっていきます。

%e3%83%95%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0

※そもそも無垢フローリングって何?
フローリングは大きく分けて、複合(合板)フローリングと無垢材フローリングの2種類に分類されます。無垢のフローリングとは天然の木から採れる1枚の板そのもののことです。余分な手を加えてないからこそ、自然素材そのまま活きています。一方、複合(合板)フローリングとは、複数の合板を接着剤で張り合わせた合板の表面に、天然木の薄板を張りつけたフローリングです。 ホワイト系からブラック系、薄い木目から濃い木目まで様々なバリエーションがあるので、お部屋の雰囲気に合せやすく無垢フローリングより安価なのが特徴です。

★施工について
フローリングは一枚一枚、丁寧にカットされ、板割りに応じて取付位置を正確に決めて取り付けています。

sekou

カットされたら、強力なボンドで下の構造用合板に貼り付け、釘で固定していきます。ここで使われるボンドはかなり強力でいったん貼りついて固まってしまえばはがそうとしたときにしたの構造用合板まではがれると大工さんが教えてくれました。フローリングは内部工事では早い段階で貼ります。貼り終えたら、傷や汚れがつかないよう養生します。