フローリング材の種類・選び方

無垢の木は樹種によってそれぞれです。色味、木柄、柔らかさ堅さなどその気が持つ表情や性格を理解して、ご自身のライフスタイルに合ったフローリングを見つけてください。

◆色味で選ぶ

白っぽいものから、濃い茶、または赤みが強いものなど様々です。また、同じ木の中でも表情が違ってきます。これは無垢フローリングならではです。

◆木目で選ぶ

木によって、おとなしい木目とはっきりした木目様々です。これは好みですね。節がある・なしも重要な選択のポイントだと思います。空間の印象が大きくかかわってくるので、具体的にイメージするまたは見に行くことが大切です。

例:おとなしい木目(カバザクラ、メープル、バーチなど)、はっきりとした木目(タモ、オーク、ケヤキなど)

◆柔らかさ・堅さで選ぶ

堅い木:密度が高く、含まれる空気の量がすくないため、より重厚で傷つきにくいのが特徴です。そのため、店舗や土足で往来する場所への使用にも適しています。
柔らかい木:密度が低く、傷つきやすいという面もありますが、衝撃を吸収するため、足首・膝・腰への負担が少ないという特徴があります。空気をたくさん含んでいるため、温かく、足の裏へのあたりが優しく感じられます。

例:やわらかい木(スギ、パイン等)、かたい木(ナラ、オーク、ウォールナット等)


ナラの無垢フローリング


スギの無垢フローリング

フローリングにも様々な種類があります。
是非いろいろと調べて検討してみてください。

—-
iestは、株式会社内田産業がつくった建築家との家づくりをご提供する注文住宅のブランドです。
今まで敷居の高いイメージのあった「建築家の家づくり」の価格・工期を見直し、より多くのお客様に、既製品ではないご自身のための家づくりをしていただきたいと考えています。