iestブログ

断熱性能をかんがえよう!窓編1

日本は、他の先進国と比べて断熱基準が最低とも言ってよいほど低いのが現状です。 断熱性能についてはすでに考え方が浸透してきて、断熱性能等級を気にされる方もたくさんいらっしゃいます。しかし、断熱材だけではなく、窓・サッシはまだあまり注目されていません。 ◆家で一番熱が逃げる箇所は窓・サッシ! 実は一番、室内の熱が逃げる場所が窓になります。暑さの原因の7割、寒さの原因の6割が窓・サッシにあると言われています。 ◆アルミサッシは熱が逃げやすい? 日本で窓・サッシの枠と言えばアルミが主流です。実はこのアルミは熱の伝導率が良い金属です。つまり熱が逃げやすいということです。現在、先進諸国では樹脂製の枠が主流になってきています。 熱の伝導率の違い(数字が大きいほど熱が伝わりやすく、窓枠としては向いていない) アルミサッシ 200 W/mk 樹脂 0.2 W/mk 木 0.16 W/mk つまり、樹脂製の枠のサッシはアルミサッシに比べて熱伝導率が1/1000ということになります。 (資料:樹脂サッシ普及促進委員会) 先進国の大半は、樹脂サッシ木製サッシが7~8割ですが、日本ではまだ9割がアルミサッシとなっています。

デスクの目隠し

皆さんはデスク、作業机の上はきちんと片付いていますか? パソコンまわりや本やペンなど、机の上は散らかりがちです。 自分の寝室ならまだしもリビングにそういった作業スペースがある方はお客さんが来るたびに片づけなければ…となります。 蓋がついていて、目隠しできるような机もありますが、結局蓋をするためには片づけなければならなかったりします。 そこで、武蔵野の家をご紹介! 押入れの中にデスクを設置します。こうすれば、どれだけ散らかっていたとしても、押入れの扉をしめるだけです。 押入れでなくとも、奥まっていて、3方向壁に囲まれたスペースならば、ロールスクリーンを取り付ければ、机はそのまま、お客さんが来た時に引けばよいので、急な時にも対応できます。 家づくりを1から考えているとき、間取りや床や壁の素材をどうしよう等たくさん考えなければならないことがあります。暮らしてからの細かい使い勝手はどうしても見逃しがちです。建築家はそういった細部まできっちりお施主様に合わせた暮らし方、快適な家を考えて設計してくれます。 ――――――――――――――― 武蔵野の家 設計:本間至(ブライシュティフト) 施工:iest/株式会社内田産業 —- iestは、株式会社内田産業がつくった建築家との家づくりをご提供する注文住宅のブランドです。 今まで敷居の高いイメージのあった「建築家の家づくり」の価格・工期を見直し、より多くのお客様に、既製品ではないご自身のための家づくりをしていただきたいと考えています。

緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅

iest物件の竣工写真ご紹介いたします。 <建物概要> 設計監理(建築家):設計事務所アーキプレイス 施工:iest(株式会社内田産業) 敷地面積:193.35m2|建築面積:115.97m2|延床面積:334.34m2 こちら、SE構法で建てられた住宅になります。地下1階、地上3階建ての木造(一部鉄筋コンクリート造)です。 2世帯住宅+賃貸住宅2部屋になります。建て主様の住まいのリビングはSE構法ならではの広々とした空間でとても気持ちの良い空間でした。是非、ご興味ある方はご覧ください! http://iest.biz/works/nakano_house/ ---- iestは、株式会社内田産業がつくった建築家との家づくりをご提供する注文住宅のブランドです。 今まで敷居の高いイメージのあった「建築家の家づくり」の価格・工期を見直し、より多くのお客様に、既製品ではないご自身のための家づくりをしていただきたいと考えています。

完成写真

こんにちは。iestスタッフの岩崎です。 先月、2016年12月はとてもお引渡しが多い月でした。 年末の12月や年度末の3月はお引渡しが重なることが多いです。 iestの物件ではありませんが、弊社株式会社内田産業の物件をご紹介いたします。 「H HOUSE」設計監理:㈲光設計 施工:㈱内田産業 「国立の家」設計監理:㈲ブライシュティフト 施工:㈱内田産業 「八王子の家」設計監理:田中ナオミアトリエ 施工:㈱内田産業 「小金井の家」設計監理:一級建築士事務所 アトリエサラ 施工:㈱内田産業 「(仮称)狛江シェアハウス」設計監理:㈲遊空間設計室 施工:㈱内田産業 もっと施工例が見たい方はこちら! ⇒http://www.uchida-sangyou.co.jp/work/house/ ※㈱内田産業のホームページに飛びます。 ---- iestは、株式会社内田産業がつくった建築家との家づくりをご提供する注文住宅のブランドです。 今まで敷居の高いイメージのあった「建築家の家づくり」の価格・工期を見直し、より多くのお客様に、既製品ではないご自身のための家づくりをしていただきたいと考えています。

無料木材提供やってます!

こんにちは。iestスタッフの岩崎です。 会社にて、無料で木材提供をおこなっています。 新築・リフォームの施工の際に出た木材の切れ端などです。 本日、大量にあります!是非ご活用ください。 以下の場合、木材提供をお休みしております。あしからずご了承ください。 ・雨天または雨が降りそうな時 ・木材在庫切れの時 ちいさいお子さまは保護者同伴できてね。 提供日時:平日9:00~17:00 場所:西東京市新町5-5-20(株式会社内田産業 東京営業所) ---- iestは、株式会社内田産業がつくった建築家との家づくりをご提供する注文住宅のブランドです。 今まで敷居の高いイメージのあった「建築家の家づくり」の価格・工期を見直し、より多くのお客様に、既製品ではないご自身のための家づくりをしていただきたいと考えています。 iestホームページ:http://iest.biz/

家づくり追いかけレポ

iestでは現在施工中の物件がどんな状況なのかレポートをあげています。どうやって家がつくられているか見に行こうと思っても、なかなか現場に足を運ぶことが難しい、そんな方に好評いただいています。 現在、施工中の物件 中野の家(建築家:設計事務所アーキプレイス) →http://iest.biz/report/nakano_house/ 屋根ルーフィング張り(板紙にアスファルトをしみこませた建築用防水材料です。) 武蔵野の家(建築家:ブライシュティフト) →http://iest.biz/report/musashino_house/ 床下断熱材充填(建物の保温・遮熱の為の部材です。) 現在2件施工中! 設計中の様子も少し紹介しています。是非ご覧ください。 -------- iestは、株式会社内田産業がつくった建築家との家づくりをご提供する注文住宅のブランドです。 今まで敷居の高いイメージのあった「建築家の家づくり」の価格・工期を見直し、より多くのお客様に、既製品ではないご自身のための家づくりをしていただきたいと考えています。

武蔵野の家上棟式

建築家:ブライシュティフト 先日、上棟式を行いました。 上棟式は、棟梁や大工さんたちへの感謝の気持ちを表す意味で執り行われます。 ※建て方(家の骨組みを組み立てる)で一番最上部の棟木を上げることを上棟といいます。 建築家の本間さんに出会ってから設計に約6か月。図面で見てきたものが実際に建つのを見るとすごく実感がわきます。完成を想像するととてもわくわくしますね。上棟おめでとうございました! -------- iestは、株式会社内田産業がつくった建築家との家づくりをご提供する注文住宅のブランドです。 今まで敷居の高いイメージのあった「建築家の家づくり」の価格・工期を見直し、より多くのお客様に、既製品ではないご自身のための家づくりをしていただきたいと考えています。 iestホームページ:http://iest.biz/

防水工事

バルコニーの施工には必ず防水工事が必要となります。 FRP防水というのを採用しています。こちらはガラス繊維強化プラスチックを使って防水を行う工法です。 「FRP」とは、Fiber Reinforced Plastics の略で、Fiber=繊維、Reinforced=強化された、 Plastics=プラスチックのことです。簡単に言うと、「ガラス繊維などの強化材(補強材)で補強したプラスチック」という意味です。建築以外でも宇宙・航空産業をはじめバイク,自動車,鉄道,建設産業,医療分野等さまざまな分野で用いられているそうです。FRPの特徴は耐候性、耐熱性、耐薬品性、電気絶縁性・・・・その他もたくさんの特性がありますが、この工程で使われる「FRP防水」では、防水分野に応用されたもので、防水層は軽量かつ強靭、耐熱性・耐食性・耐候性などに優れているという特長があります。 それではFRP防水の施工を見ていきます。 ①防水下地を張ります。 ②プライマー塗布 プライマーには下地材と防水層を密着させる性質があります。 ③ガラスクロス貼り このガラスクロスには防水性能を高め、効果を持続させる効果があります。 (右写真)排水管(ドレン、オーバーフロー管)はこうなっています。 ④防水層を施工します。工程は中塗り⇒トップコート仕上げ(上塗り)で完成です。しっかり乾いたら完成です。 しっかり防水ができているか水張り試験を行います。(上記写真の左) 試験が終了したら、バルコニーFRP防水の工程は完了です。(上記写真の右)

ナラの無垢フローリング

iestでの家づくりではナラの無垢フローリングを標準仕様としています。 無垢フローリングは木そのものの風合いを生かしていて、質感や心地よさがあります。調湿作用に優れていて、コンクリートの約2倍断熱性があると言われています。夏は涼しく冬は暖かい環境をつくり、化学物質を使用しないため、有害物質を発生させず、アレルギーやアトピーの心配が少ないことも大きな魅力です。 ナラは無垢フローリングでは定番になります。十分な強度と耐久性を持ち、くっきりとした木目と淡い褐色の風合いはさまざまなテイストにマッチします。年月が経つほどに味わい深くなっていきます。 ※そもそも無垢フローリングって何? フローリングは大きく分けて、複合(合板)フローリングと無垢材フローリングの2種類に分類されます。無垢のフローリングとは天然の木から採れる1枚の板そのもののことです。余分な手を加えてないからこそ、自然素材そのまま活きています。一方、複合(合板)フローリングとは、複数の合板を接着剤で張り合わせた合板の表面に、天然木の薄板を張りつけたフローリングです。 ホワイト系からブラック系、薄い木目から濃い木目まで様々なバリエーションがあるので、お部屋の雰囲気に合せやすく無垢フローリングより安価なのが特徴です。 ★施工について フローリングは一枚一枚、丁寧にカットされ、板割りに応じて取付位置を正確に決めて取り付けています。 カットされたら、強力なボンドで下の構造用合板に貼り付け、釘で固定していきます。ここで使われるボンドはかなり強力でいったん貼りついて固まってしまえばはがそうとしたときにしたの構造用合板まではがれると大工さんが教えてくれました。フローリングは内部工事では早い段階で貼ります。貼り終えたら、傷や汚れがつかないよう養生します。

奥野公章建築設計室作品展「内↔︎外」

こんにちは。iestスタッフの岩崎です。 先日、奥野公章建築設計室の作品展へ行きました! 座談会にも参加させていただきました。テーマは「内↔︎外」。どの建築物件にも内の空間と外の空間とのつながりがあるという事で、弊社で施工した物件にもこんな考えがあったのか…と知ることができて大変勉強になりました。 会場内にも、奥野さんの建築模型、写真や本来観葉植物ではない庭に使われる植栽があって、「家(ウチ)」と「庭(ソト)」が感じられる展示でした。 奥野公章建築設計室:http://okuno-room.com/ ※奥野さんはiestの登録建築家でもあります。 ---- iestは、株式会社内田産業がつくった建築家との家づくりをご提供する注文住宅のブランドです。 今まで敷居の高いイメージのあった「建築家の家づくり」の価格・工期を見直し、より多くのお客様に、既製品ではないご自身のための家づくりをしていただきたいと考えています。

外構「洗い出し」

内田産業東京営業所の玄関の外構には洗い出しで仕上げています。 写真は東京営業所の玄関になります。石はやや緑、青みがかったものが多く、とてもきれいです。白や茶色の系統だと、温かみのある雰囲気にしてくれます。 石の色味や大きさで大きく表情がかわってくるのが、洗い出しの工法です。タイルなどと組み合わせて施工してもまた雰囲気が違ってきます。 洗い出しの施工はまず初めにセメントに小石を混ぜて、流し込みます。 それが全部乾かないうちに、水で洗うと表面のセメントが流れて、小石が浮き出ます。 職人さんのお話しだと、日の当たりなどによって乾き具合が違うため、タイミングがむずかしいそうです。乾くタイミングが場所によって違う場合、早く乾く箇所に合わせて洗出しを行います。乾いてしまうと石にセメントが残って汚くなってしまいます。 石が立たないようにうまく寝かせるのがポイントです。石が立っていると飛び出して外れやすくなります。

防火地域と家づくり

「防火地域」と「準防火地域」と呼ばれる地域があります。 これは都市計画の際に建物が密集する都市の防災のために決められた地域です。建築基準法ではそれぞれの具体的な制限内容が定められています。 ◆防火地域ってどんな場所? 人が多く行きかう場所や建物が密集した地域で火災などが起こればどうなるでしょうか。犠牲者、被害規模など大惨事になりかねません。都市の中心市街地や主要駅前、主要幹線道路沿いなど大規模な商業施設や多くの建物が密集している地域では建物の構造を厳しき制限して防火機能を高めなければなりません。このような地域で指定されるのが「防火地域」で、もっとも防災上の規制が厳しい地域となります。建物も耐火建築物でなければなりません。 ※耐火建築物 鉄筋コンクリート造や鉄骨造などの構造で、火災が発生した時、周囲に延焼せず、建物が倒壊などが起きないような建築物のことを指します。外部に面する開口部など「延焼のおそれがある部分」(サッシやドアなど)には、遮炎性能をもつ防火設備を設置する必要があります。さらに火災後も修繕をして再使用が可能であることが求められます。木造の家を建てたいと考えている方には要注意です。使うことができる資材は火災による火や熱にどれだけ耐えることができるのか試験に合格したものになります。サッシは木製サッシは使用できません。防火のアルミサッシを使用しなければならなかったり、様々な制限がかかります。周囲の建物に火が移る可能性の高い開口部は特に制限がかかります。 ◆防火地域と準防火地域 防火地域と準防火地域では建物の制限が変わってきます。どちらも条件によっては木造の家づくりが可能ですが、防火地域の方がより制限がかかっています。法律よってかなり細かく制限は指定されていますが、ここでは地上から何階建てかどうか、延べ床面積がどのくらいか、この条件でどんな構造の家づくりが可能かなどといった簡単な紹介をしていきたいと思います。 地域 階数・延べ床面積 建築物仕様 木造 鉄骨造 鉄筋コンクリート造 防火地域 3階以上 or 延べ床面積100㎡以上 耐火建築物 × △ ※1 〇 2階 or 延べ床面積100㎡未満 準耐火建築物以上 △ ※2 △ ※2 〇 平屋 延べ床面積50㎡以内 一般建築仕様 〇 〇 〇 準防火地域 4階以上 or 延べ床面積1500㎡超え 耐火建築物 × △ ※1 〇 3階建て or 延べ床面積500㎡~1500㎡ 準防火建築物 △ ※2 △ ※2 〇 ※1 耐火被覆要、※2準耐火仕様 耐火建築物、準耐火建築物、耐火被覆要は前述していますが、法律で細かく制限が掛けられています。火災による火や熱にどれだけ耐えることができるのか試験に合格したものになります。1時間合格したもの30分合格したものなど様々です。もちろんこういった家をつくる場合、費用もかかります。防火地域の土地は安く売られていることが多いです。土地が安く買えた分、建築に費用をかけられると思いきや、耐火建築物にすることによって、費用がかさみ、うまくいかないことも…。土地にお金をかけて防火地域以外の土地を買い、家を建てるのと同じくらいの費用がかかる場合もあります。 是非こちらを参考に土地探しを行っていただければと思います。

溶接工事

こんにちは。iestスタッフの岩崎です。 先日、川越の家の見学に行ってきました。 はじめて溶接をみる機会でした。 ですが、溶接マスクをつけずに直視してしまうと目が腫れ上ります。 業者さんいわく、砂が入ったような感じでゴロゴロする。 その日の夜は痛くて寝れないと思うよ。ということでした。 溶接を行っていたのは階段です。 溶接した箇所が黒くなっています。 この作業を終えたら、モルタルを打って、タイルを貼ります。 「川越の家」 建築家:ブライシュティフト(http://bleistift.jp/) 敷地面積:313.86m2|建築面積:115.31m2|延床面積:250.18m2|構造規模:壁式鉄筋コンクリート造2F 川越の家はiestのホームページにて定期的に現場の様子を写真で上げています。ご興味ある方は是非こちらもご覧ください。 家づくり追いかけレポ:http://iest.biz/report/kawagoe2/

外の緑を気持ちよく取り込んだ家。

東久留米のM様邸を取材しました。外の緑を取り込みながらもプライベートを確保した木塀で囲んだウッドテラス。リビングとの気持ちのいい連続感が感じられます。 詳しいレポートは、「あの街のiestさんに会いにいこう」で掲載しています!

木工の町から、継手の箸置き

木造住宅では柱や梁、桁などを組み上げ、構造を作る際に、材木同士をしっかりと組むため、各部材に「継手」「仕口」と呼ばれる刻みを入れます。材と材を継ぎ足す時に使われる「継手」。そして土台と柱のつなぎ目や、梁と桁のつなぎ目など、それぞれの材を組むときに使わるのが「仕口」です。…と、ここまでが前置き。そんな「継手」がデザインされたすてきな箸置きがあるんです。 あの小泉誠さんと、岐阜県中津川市付知町の木工メーカーさんがコラボしたブランド:asahineko(あさひねこ)の商品です。 伊勢神宮式年遷宮のご神木の里としても名が知られている付知は、古くからの木工の町。付知で育つ木曽五木と呼ばれる針葉樹林あすなろ、さわら、ひのき、ねずこ、こうやまきの文字を取って「あさひねこ」というブランド名をつけたそうです。針葉樹のやわらかな手触りにうっとり。上品なひのきの色と、渋い黒褐色のねずこのツートンカラーが、主張しすぎずにしっくりときます。箸置きだけでなく、ナイフレフトもあるので、海外の方へのお土産にもいいかも。 さて、iestでは、今週末(7/24)「箸置き」でなく「箸つくり」のイベントがあります。 大工さんの指導のもと、かんなをかけて、自分だけのマイ箸を作りましょう。お子様連れも歓迎です。夏休み開始早々に自由研究終わっちゃいます。 まだお席がありますので、お時間がありましたら、ぜひご参加ください。 イベントの詳細はこちら:http://iest.biz/2016/07/0724/ 写真:asahineko

収納力抜群の暮らしやすい家。

川越市のY様邸を取材しました。玄関からキッチン、リビング、和室の床下と、あらゆるところに見えない収納や、見せる収納がある、とっても暮らしやすい家です。詳しいレポートは、「あの街のiestさんに会いにいこう」で掲載中!! 記事はこちらから→http://iest.biz/iestsan/

カギの後付け

家づくりをお考えのみなさん、「この部屋には鍵が必要かな?」と悩んだりしませんか? 家を建てる際に必要だとは思わなかったけれどやっぱり鍵をつければよかった…そんなことがあっても大丈夫です。 先日、内田産業の東京営業所で鍵のついていない木製の室内ドアに鍵を設置してもらいました。 使用したのはこちらの商品はアトムリビンテックの「TKS51チューブラ鎌錠」です。 大体、30分くらいの施工時間でした。 大まかにいうと高さの調整をして、穴をあけ、金具を設置するという流れです。 [foogallery id="5663"] 完成を見ても、後から設置したものとは思えないくらいきれいに収まっています。 ただ、後付のものはそのドア専用の鍵ではありません。鍵を設置することによって多少の隙間(1ミリ程度)ができる可能性等あるため、注意してみてください。

建築模型ミュージアム

ずらりとならんだ著名建築家の模型を一挙に見られる「建築倉庫」が、2016年6月18日、寺田倉庫本社(東京都品川区)にオープンしました。 「倉庫」という名前の通り、いままで捨てられてしまうこともあった建築模型の活用を建築家の坂茂さんが寺田倉庫に提案して、実現したこのミュージアムは、約450㎡、天井高5.2Mの大空間に合計116の棚が並ぶ、建築模型に特化した保管・展示施設です。 現在は、坂茂さんや香山壽夫さん、隈研吾さんなど、国内外で活躍する建築家20組の模型約200点が展示されているとのこと。 スタディモデルから、竣工模型まで幅広い模型が展示され、各棚のQRコードをタブレットで読み込むと、出展車の情報や、竣工写真や図面にもアクセス可能。 難しい建築のことはわからなくても、建築模型って見ているだけでも楽しいもの。 建築のエッセンスに触れる週末のおでかけに、いかがでしょうか? ************************************************************** 開館日:火曜日〜日曜日 (月曜日休 ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日休み) 開館時間:11:00-21:00(入館は閉館時間の1時間前まで) 入館料:一般 ¥1,000 高校生以下および18歳未満 ¥500 東京都品川区東品川2-6-10 寺田倉庫本社ビル1F 東京モノレール天王洲アイル駅 徒歩5分 東京高速臨海鉄道りんかい線 天王洲アイル駅B出口 徒歩4分 JR品川駅港南口より徒歩15分 写真:寺田倉庫

太陽を忠実に再現した照明

写真を見てください。トップライトから太陽がのぞいていますね。 ですが、この太陽…実は偽物なんです。 「CoeLux」は人間の脳やカメラをだませるほど完成度の高い「人工太陽光」を再現した照明です。 こちらはイタリアの企業が開発しました。 地下室など中々外から明かりの取れない箇所なんかにぴったりです。 これから梅雨の時期に入るので、太陽が見られる日はすくなくなるかも…雨の日や曇りの日でも 太陽の光を浴びて過ごせます。 お風呂につけるのも良いかもしれません。 お風呂から景色を眺めたい。お風呂からベランダに出てお酒を飲みたい。などなど ですが、住宅が密集しているところでは人目もあります。 景色は見れませんが、外とつながりがあるように感じられます。 (そのうち景色も込みの照明が開発されるかもしれませんね。) 「CoeLux」はこれからの建築や空間のあり方に大きな影響をあたえるかもしれません。 また、実際の太陽と違い「CoeLux」は紫外線を発しません。 日焼けを気にする必要も壁紙や布が色あせする心配もありません。 もし私がこれを購入したら、普通の照明も一緒につけます。 うっかり夜中に「CoeLux」を点灯してしまったら、体が日中だと 勘違いして、目が覚めそう…なんて勝手に想像しました! なお、価格は4万ユーロ(約500万円)からで、設置に5000ユーロ(約60万円)ほどかかるそうです。 私には到底無理でした。。 参照:CoeLux  http://www.coelux.com/en/home-page/index

安全衛生大会

株式会社内田産業では協力業者さんをお招きして毎年「安全衛生大会」というのを行っています。 住宅の施工においては現場では多くの関係者が業務に関わります。 お施主様にご満足いただける高い品質を保つために、 関係者が安全で心身ともに健康に働くことができる環境の整備が重要です。 弊社のみならず協力業者さんと一体となった労働安全衛生に努めたいと思っております。 今回は交通安全について講師をお招きしてお話しをうかがいました。 勤務時間の中で車での移動時間は長いです。 免許を取り立てだった頃にくらべて運転には慣れているため、「大丈夫」だと思っていることが 多いことを改めて認識しました。これは工事現場でも同じです。 いつもやっていることだからと決めつけずに安全に努めていきたいと思います。

杉板型枠

こんにちは。iestスタッフの岩崎です。 川越の家(建築家:ブライシュティフト)行ってきました! iestならびに内田産業の家は木造が多いのですが、川越の家はRC構造の家です。 入ってすぐにびっくりしたのが、気温です。 ここ最近暑くなってきたのがウソのようで、建物内に入るとひんやりしていました。 川越の家は最近上棟したばかりです。 見学に行った際は型枠が外れていて、内部の工事がはじまっていました。 ※これまでの過程を見たい方はこちら:http://iest.biz/report/kawagoe2/ 川越の家は玄関付近、そしてガレージの一部分に杉板型枠を使用していました。 その前に型枠とは、コンクリートを流す際に壁、立ち上がり部分等を成形するために使われるものです。 その型枠の表面(コンクリートを流し込む側)に杉板を張ってコンクリートを打設します。 そうすることによって杉木板の模様がつくのです。 コンクリートのうちっぱなしも素敵ですが、杉板型枠の木目の模様も とても素敵でした。全体に使う、アクセントに一部分に使う。どれも良いと思います。

エアコン目隠し

最近、エアコンの目隠しのためにガラリやルーバーを設置するという方が多くなってきていると思います。 iest家づくりギャラリーでも、デザインを考慮してガラリをつけています。建築家の方はこういった設計を行う方は多いと思います。 こちらはガラリを設置する前です。 天井に合わせてしるしをつけ、カットしていきます。 完成です。 やはり、ガラリがあった方が、生活感が見えないため、デザイン性に優れていますね。 しかし、そのまま壁にかかっているエアコンより目の前に障害物があるので、効率が悪くなってしまうのは事実です。 ガラリの格子の幅などを考えて造作・設置しないと、エアコンの風がガラリの外に出ず、エアコンがショートサーキットを起こしやすくなってしまうそうです。 ※ショートサーキットとは エアコンが吹き出した風をそのまますぐに吸い込む状態のことです。その結果、冷房が効かない、または異常停止したりします。 他にも、フィルター掃除しやすいようにするなど工夫が必要になってきます。 iest家づくりギャラリーの木製ガラリも簡単に取り外しできるようになっています。 家づくりをお考えで、なるべく家具や家電は収納したい方はいらっしゃると思います。収納するデザインや効率性など建築家に相談してみてはいかがでしょうか。

工具おもちゃで大工さん気分?

大工さんや工事車両って、子どもたちには、とても魅力的に映るようです。 現場の前で、飽きもせずに、ずっとクレーンを眺めていたりする男の子、よく見かけます。 スウェーデンのおもちゃメーカーBRIOのビルダーシリーズは、そんな「現場好き!」な子にぴったり。 パーツをと工具を使って、自由な発想でいろんな形をつくることができます。 ハンマーやドライバーペンチなど、本物っぽい見た目が、子どもこころをそそります。 タイヤパーツを使って、工事車両も作れちゃいます。 対象年齢は、5歳からとなっていますが、ジョイントパーツで直感的につなげられるので、小さいパーツに注意して見守っていれば、もう少し小さい子でも遊べそうです。 ハマる子は、もくもくと大作を作ってくれます。 手先と頭をたくさん使う、組立系おもちゃ、おすすめです! 写真:BRIO http://www.briojapan.com/

夏の家 – 実験住宅(コエ・タロ)

こんにちは。iestスタッフの岩崎です。 5月に入って気温が25度を超えることが増えて、外を出ると半袖の人が増えてきましたね。 北欧諸国では「夏の家(サマーハウス)」の文化があります。夏の休暇を過ごすためのセカンドハウスなのですが、別荘というお金持ちのイメージとは少し違うようで、都会に暮らす人の多くが田舎に自分の「夏の家」を持っているそうです。夏の休暇が4~7週間あるようなので、その期間「夏の家」で過ごすようです。うらやましい!(笑) フィンランドにある有名な夏の家があります。建築家のアルヴァ・アアルトの「実験住宅(コエ・タロ)」。 コエ・タロは1952~54年に完成しています。場所はフィンランドのムーラッツァロ島。 実験住宅という名前がついている理由は自宅ではできないことを試す家だったからです。さまざまな煉瓦の組み方や太陽光暖房、基礎のない建築などがここで建てられました。 材料と技術に対する探究心。実験としての住宅でしたが、とても意匠として美しいです。 アアルトは建築だけでなく家具や照明器具、ガラス製品、テキスタイルまで幅広く手がけ、シンプルでモダンな北欧デザインの流れを作りました。 参照:http://blogs.yahoo.co.jp/takutelic/folder/1469680.html?m=lc

和モダンな障子

iest「飯能の家」設計打ち合わせでした。建築家はiest登録建築家のNTU設計室 夏原さんです。 和室がある物件で、打ち合わせ中に和室にはふすまにするか障子にするかどうするか…という話になりました。 この飯能の家は建設予定地にまだ施主様が住んでいます。現在住んでいる家を解体して新しく建て替えの予定となっています。打ち合わせもその場所で行いました。隣に蔵がある伝統的なお宅です。ふと室内を見ると、素敵な障子がありました。 建築家の夏原さんがこの障子を新しい家でも使いましょう!とご提案。 障子の中央にはガラスが入っていてとても素敵でした。なんと今はこちらのガラスは製造されていないそうです。施主様も是非そうしたいとのことで、寸法を測って新しい家でも使用することになりました。 純和風な障子のデザインでなく、和モダンといった感じでとても素敵です。

ガルバリウム鋼板の屋根

iestの標準仕様の屋根がこちらの「ガルバリウム鋼板」を使用した屋根になっています。 こちらは「縦ハゼ葺き」と呼ばれる仕上げ方法です。 そもそもガルバリウム鋼板ってなんだろう? ガルバリウム鋼板はアルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%のアルミ亜鉛合金をメッキした鋼板です。特徴としては、錆びにくい、軽い(耐震性に優れている)、メンテナンスが不要!とにかく扱いやすそうです。 そのガルバリウム鋼板の材料をまずは屋根に運ぶところからはじまります。 吊り上げるとき、左右のバランスが均等でないと、落ちてしまいます。 とても慎重に作業しなければなりません。何回かあげたり、下げたりして左右の重さを調整してから、上に運ばれました。 ガルバリウム鋼板は長細い屋根材です。これらを加工して、固定していきます。 両端のでっぱりの部分が、重ねるとぴったりとはまるように作られています。 屋根材の下に見える緑色のシートは「アスファルトルーフィング」といいます。こちらは板紙にアスファルトをしみこませた建築用の防水材料です。屋根に貼ることで、雨水の侵入をふせいでくれます。 次の作業には「ガチャ」という道具の登場です。先ほどの作業で両端のでっぱりを重ね合わせるとぴったりとはまりましたが、その部分をもっとしっかり固定します。 この作業を何回も何回もやります。その時、ガチャ、ガチャ、と音がなるからこの道具の名前は「ガチャ」というようです。屋根屋さんにその話を聞いたとき、「えー!」って言ってしまいました。でも本当に正式名称のようです。(屋根屋さん、疑って申し訳ありません・・・) 棟部分の施工です。棟のサイドには空気が抜けていく通気部分があり、換気されるようになっています。棟換気といって家の内部に湿気がこもらないためにも重要な部分となります。 屋根の端も加工していきます。出っ張った屋根材を下地材に挟みこみます。こういった作業を経て屋根の施工の完成です。

世界の珍しい住居 Part2

今回、ご紹介するのはチュニジアのマトマタにある穴居住宅です。 穴居住宅とは、地面に巨大な穴を掘り、その側面にいくつもの穴を掘ってそこを部屋にしています。中央の穴は広場や中庭に使われています。 地上に家を建てず、穴を掘って地下に住むようになったのかというと、12〜13世紀頃、イスラムの勢力に追われたベルベル人が遠目では何もない大地に見えるようにしたことが発端です。 遠くから見ると建物はないように見えます。 現在は穴が開いていることを示すために白いポールを立てています。 地下は住むことにも優れていて、直射日光が部屋には当たらず、夏は外気が40~50℃になろうとも、地下では涼しく過ごせます。逆に冬はあたたかいので快適です。暖房がなくとも過ごせるそうです。 なんと、このマトマタお穴居住宅は映画「スターウォーズ」のロケ地にもなっています! 日本でも地下室がある住居はありますが、完全に地下のみ…というのはほとんど見かけませんね。 珍しい住居についてでした。

建築アート雑貨

建築家が建築だけでなく、おもちゃや食器類などもデザインする方がいます。 そこで今回は建築家がデザインした雑貨を紹介いたします。 ブランドはCinqpoints(サンク・ポワン)。 『Play with Architecture!(建築と遊ぼう!)』をコンセプトに建築家が手がけるブランドです。現代建築をモチーフに遊び心のあるグラフィックで構築し、現代文化や知、好奇心、想像力、そして現代建築やデザインの思想をも内包しています。 紙のプラモデル<アーキ・ペーパー>。 家で出来、人があつまり、自然が生まれ、街はあなたの創造をかき立てます! 組み立てる際にどんな構造になっているのか学ぶことができます。 インテリアとしても目を引くデザインになっています。 素材には、環境負荷を減らすためFSCに基づく木材を使用し、エコパルプと言われる無塩素漂白パルプECFというものを使用しており、環境に配慮しています。 建築おりがみセット<アーキ・フォールド> 建築家がプランを作成する際に使われるフレームワークをヒントに作成されています。 様々な幾何学模様が素敵です。家に組み立てるのも良いですが、他の用途にもいろいろ使ってみてはいかがでしょうか。 他には建築家になりきるメガネ。缶バッチや手提げ袋等もあるので、是非一度チェックしてみてください! 公式サイト:http://www.cinqpoints.com/

ヴィンテージランプでレトロな演出。

ランプにこだわりを持つ人はけっこういるのではないかと思います。 家づくりにおいて、照明は重要なポイント。 そこで、個人的に気になる商品があったのでご紹介します。 船舶電球株式会社の「ヴィンテージランプ」 昔ながらのランプです。エジソンランプとも呼ばれています。 レトロな雰囲気のお店で見かけたことがあるという人いるのではないでしょうか。 中のフィラメント(発光する部分のこと)がオレンジに淡く光っていて、素敵です。余談ですが、エジソンが発明した当時のフィラメントは「竹」でできていたんですね。現在は「ダングステン」という金属が使われています。熱に強く、硬いです。炭素と結合することによって硬度が増して、ダイヤモンドにつぐ硬さになるそうです。 色々なメーカーから商品が出されていて、LEDタイプもあります。 メイソンジャーに取り付けていたり、船舶ライトのようなカバーをつけるのもまた素敵です。レトロなものが好きな方にオススメします。

建方工事

この工事は1日であっと言う間に終わります。家づくりの過程で一番迫力があると思っています。 建方(たてかた)とは、現場において建築構造を支える骨組みである「柱」「梁(はり)」等、を組み上げる棟上げ(むねあげ)までの工程です。 棟上げ(むねあげ)は上棟(じょうとう)ともいうのですが、建物の一番高い位置にある部材、棟木を取り付けるときのことです。 つまり、前回の土台敷きの状態から柱や梁などを組み立てて屋根のてっぺんまで作り上げます。 なぜ一日で終わらせるかというと、中途半端に柱などを組み立ててしまったら、不安定なままです。いつ倒れてくるかわからない状態で置いておくわけにはいきません。 なので、建方はほぼ1日で終わります。 家づくりをされる方には是非見ていただきたい工事です。

散らかっていても絵になるおもちゃ

今日は「naef(ネフ)社のおもちゃ」のおもちゃをご紹介します! 小さいお子さんがいると、リビングはどうしてもおもちゃでいっぱいに。都度片付けようと思っていても、限界が・・・。それならいっそ、散らかっていても絵になるおもちゃはいかがでしょうか。 naef社は、独特のデザインと美しさで世界中にファンがいるスイスのおもちゃメーカー。家具職人だった故クルトネフ氏が1958年に家具作りの合間に作ったといわれている代表作、ネフスピールは、見たことのある方も多いのでは? よく「オブジェのよう」という表現がされるnaef社のおもちゃですが、確かに無造作に積まれていても、うっとりする美しさ。 子ども向けのおもちゃだからこそ、デザインにも素材にも完成度にも、とことんこだわったおもちゃメーカーの姿勢に共感できます。 もちろんヨーロッパの安全基準を満たしているので、赤ちゃんにも安心です。 2015年11月に発売された新作:スフィアは、3つの金属球を転がして、中心に集めていくというゲーム。集中力が付きそうですね。桜の木が美しい! また、naef社はバウハウスデザインのおもちゃの復刻版でも有名。建築とおもちゃって、なにか通じるところががあるのかもしれません。 お子さんがいるお宅の新築祝いや出産のお祝いにいかがでしょうか。 きっとお子さんのそのまたお子さんの代まで愛されるおもちゃになると思いますよ! 写真:http://www.naefspiele.ch/ (naef社の公式サイト)

建築お知らせ看板の設置

こんにちは。 iestスタッフの岩崎です。 昨年から動き出しているiestの物件が実施設計中です。着工は4月予定…あと1ヶ月と少しです。 着工前に「こんな建築物を建てますよ」という建築確認申請書を役所に提出します。その1ヶ月前に建てるのがこのお知らせ看板です。 先日、たてに行ってまいりました。 このお知らせ看板を建てましたよ!というのも役所に申請します。 こちらのiest物件は賃貸併用の地下1階地上3階という今までのiest物件の中では最大規模です! 設計はiest登録建築家のアーキプレイスになります。 これからがとても楽しみです!

フローリングの貼り方いろいろ

こんにちは。 iestスタッフの岩崎です。 今日はフローリングについてのご紹介です。 ご自身でDIYなどをされている方は見たり、実際に行っている方もいるかもしれませんが、たいていの方はあまり見たことがないと思います。 ~フローリングの貼り方工程~ フローリングは一枚一枚、丁寧にカットされ、板割りに応じて取付位置を正確に決めて取り付けています。 カットされたら、強力なボンドで下の構造用合板に貼り付け、釘で固定していきます。大工さんがいうにはここで使われるボンドはかなり強力でいったん貼りついて固まってしまえば剥がそうとしたときに下の構造用合板まで剥がれるそうです。   フローリングを貼り終えたら、傷や汚れがつかないよう養生します。 こうやって一つ一つ丁寧にフローリングが貼られていきます。 今、iestでは標準仕様としてナラ材の無垢のフローリングを使用しています。 無垢フローリングは合板ではないため、木そのものの風合いを生かしていて、質感や心地よさがあります。調湿作用に優れていて、コンクリートの約2倍断熱性があると言われています。夏は涼しく冬は暖かい環境をつくり、化学物質を使用しないため、有害物質を発生させず、アレルギーやアトピーの心配が少ないことも大きな魅力です。 さらに変わった貼り方もご紹介。 フローリングは普段見慣れた真っ直ぐに均等に貼られることが多いですが、ヘリンボーンはV字に貼られていきます。施工時間も倍はかかってしまうけれど、とてもデザイン性に優れた貼り方です。ヘリンボーンの名前の由来は「にしんの骨」です。模様が魚をひらきにした際の骨の形と似ていることからこの名前になりました。 家の中でもフローリングの床は大きな面積を占めます。これから家づくりをお考えの方は是非フローリングについて調べてみてください! iest家づくりギャラリー(内田産業 東京営業所)ではiestの標準仕様であるナラ材の無垢フローリングとカバ材の無垢フローリングを見ることができます。ご興味ある方は是非ご見学のお申込みをどうぞ! →http://iest.biz/blog/4823/

ねこ仕様テーブル”CATable”

CATableはねこの専用スペースがくり抜かれている木製の机。 あちこちに抜け道や穴が開いていて、ねこたちの自由な遊び場になります。 ねこを愛する そして、ねこにいつもPC作業の邪魔をされている方にはたまらない逸品? 作ったのは、香港の建築設計事務所「LYCS Architecture」のデザイナーRuan Haoさん。 ミラノデザインウィーク2014で、こちらのCATableが、翌年の2015では、積み重ねられるCATable2.0が発表されています。 …でも、すっごい期待してるとぜんぜん遊んでくれなかったりするんですよね、ねこちゃんって。    画像:LYCS Architecture http://lycs-arc.com/Home_CN

世界の珍しい住居

アイスランドのレイキャヴィクにある伝統ある住宅 「芝生の家」(Laufas)です。 なんと、家全体が芝生に覆われています!まるで地面と一体化しているよう。ファンタジーに出てきそうです。ホビットやドワーフが出てきそうですね。 石積みの外壁の上に切妻屋根全体に草が覆われています。 芝には高い断熱性があります。アイスランドは寒さが厳しい地域です。その寒さから生み出された設計なのです。 切妻屋根ではありませんが、日本でも芝に覆われた屋根を見かける事があります。 こちらは傾斜がなく、屋根に乗ることができることが多いです。 庭として、ハーブを植えたり花を植えたり、お子様の遊び場として利用されています。 そして、アイスランドの芝生の家と同様、断熱効果が期待できます。日本の夏の猛暑も芝の気化熱などで屋根の温度が下がります。 季節とともに屋根の景色がかわり、楽しむことができるのではないでしょうか。

もしも、3匹のこぶたが建築家だったら?

そんなユニークな切り口のパロディ絵本をご存じですか? スウォッチの腕時計やMoMA のカードデザインでも活躍するスティーブン・グアルナッチャ作、「3びきのこぶた、建築家の場合」です。 物語は、おなじみの3びきのこぶたと、悪いオオカミが登場します。 でもこの本のこぶたたち、只者ではありません。 巨匠建築家 フランク・ゲーリー フィリップ・ジョンソン フランク・ロイド・ライト …を、モデルにしたこぶたなのです! 1番目のゲーリーこぶたは、スクラップの家を(ゲーリー邸?) 2番目のジョンソンこぶたは、ガラスの家を(グラスハウス?) 3番目のライトこぶたは、石とコンクリートの家を(落水荘?) こぶたたちの見た目は、髪型やメガネ、洋服など、巨匠たちのイメージを彷彿とさせます。 さらに、こぶたたちの家の中には、世界中の有名デザイナーによる名作がたくさん。 思わずにやりとしてしまうポイントがいっぱいです。 さあ、オオカミにプーとふきとばされないのは、だれの家でしょうか? とってもおしゃれかわいい絵本です。建築好きな方へのプレゼントにいかがですか?  

食べられる唐辛子のリースをつくろう!

iestでは毎月1回、家づくりのためになるセミナーや家の見学会などの イベントを開催しています。 12月のイベントはiestの建築家が自ら建築家の家づくりの魅力を語るセミナーと、 お楽しみイベントとして唐辛子でクリスマスリースをつくる楽しいワークショップを 開催します。 ★建築家による家づくりセミナー「建築家との家づくりって?」 講師:g_FACTORY 一級建築士事務所 渡邉ガク 敷居の高いイメージのある建築家との家づくり。実際のところ、 ハウスメーカーや工務店に頼むのとなにがどう違うの? 建築家の選び方から、家づくりの流れ、気になるお値段など、様々な疑問にお答えします。 ★お楽しみイベントは「食べられる!唐辛子のリースづくり」 唐辛子と月桂樹でクリスマスカラーのナチュラルなリースをつくりませんか? リースはクリスマスが終わったらキッチンに飾ってそのままお料理に! 吉祥寺のお花屋さんBloomster’s Japan さんにご指導頂きます。お子様も大歓迎です。 ★午前の回もあります!★ 日時:12月12日(土) 午前の回10:00~12:30/午後の回14:00~16:30 先着:それぞれ12名!すでにお申込みの方がいらっしゃいますので、予約はお早めに! 場所:内田産業東京営業所(東京都西東京市新町5-5-20) ★申し込み方法★ 参加費無料!! WEBページよりお申し込みください。 担当より開催場所・ご来場方法を折り返しご連絡いたします。 http://iest.biz/contact/ ※お名前、ご連絡先電話番号、ご住所、参加人数( 大人・子ども) を明記下さい。 たくさんのご参加お待ちしております!    

家は人が帰ってくる場所だから。

家は暮らしていく場所ですが、同時に帰ってくる場所でもあります。だからこそ、家をつくるときには、帰ってくる人の視点というのも必要です。毎日、会社から帰ってくる自分を、家はどんなふうに迎えてくれるのか?家へと続く路地に入った時の家の見え方や、門のあり方、玄関までのアプローチなど帰ってくる人の視点で考えてみるということ。毎日、家が「おかえりなさい」と、そんなふうにあたたかく迎えてくれる、そんな家。家への愛情も深まりますね。

スタイリッシュな障子で素敵に演出。

障子というと和室のイメージですが、和室以外にあえて使うことで、空間がぐんとおしゃれになる障子があります。を使うのもおしゃれ。そんなときおすすめなのが吉村障子。これは昭和を代表する建築家の吉村順三さんがデザインした障子で、框と組子の見付け(巾)を同寸法になっている、とってもスタイリッシュな障子なのです。畳敷きの和室でなくても、フローリングの空間にあわせてみても、とても素敵になりますよ。障子紙を越しのやわらかな光が満ちている、そんな素敵な空間が誕生します。

階段は空間にドラマを生む。

階段をたんなる上下階の移動の通路にするのはもったいない。なぜなら、階段は家の中でも、そのありかたで、かなり空間を演出してくれる部分なのだから。家の見せ所といってもいいかもしれません。そう、階段は空間にドラマを生みだします。 また、ちょっと腰掛ける場所としてとらえて、オープンな階段にしてみる。すると、階段が心地いいひとつの居場所になったりもします。あなたらしい家をより素敵にするために、階段にこだわってみませんか?

大工さんと無垢のまな板をつくろう!

11月13日、iestギャラリーのオープンイベントとして、大工さんと無垢の板でまな板をつくるイベントを開催します。時間は午前の部が11時から、午後の部が14時から。それぞれ先着10名。完成したまな板は無料でお持ち帰りいただけます。また、お菓子のつかみ取りもしてますので、ぜひお気軽に遊びに来てください。 iestギャラリーでは年間を通して、楽しく、家づくりのためになるイベントを企画しています。詳しくはお問い合わせください。

身体にやさしい床下暖房という選択。

床暖網ではなく、床下暖房の紹介です。床暖房は床を直接暖めるシステムですが、床下暖房は直接暖めるのではなく、床下に暖房の空気を送り、家の中にも循環させるシステム。そのため心地よい自然の暖かさで身体にやさしく、また、高温にする必要もないので、うれしい省エネ効果もあります。身体にも家計にもやさしい暖房システムで、天然無垢材の床の心地いい暮らしを、さらに心地いいものにしてください。

3.11以後の建築はどう変わった?

ちょっと興味深いイベントのご紹介を。2011年3月11日に起きた東日本大震災は、建築家と建築界に大きな意識の変化をもたらしました。 建築家がそれ以降どのような役割を果たし、どんな未来を描こうとするのか。伊東豊雄をはじめとした21組の現代建築家が自分なりの手法で向き合う取り組みを「みんなの家」「災害後に活動する」「エネルギーを考える」「使い手とつくる」「地域資源を見直す」「住まいをひらく」「建築家の役割を広げる」という7つのセクションで紹介しています。水戸芸術館で2016年1月31日まで。 詳しくは https://arttowermito.or.jp/gallery/gallery02.html?id=437