あの街のiestさんに会いに行こう

埼玉県川越市 Y邸

シンプルモダンな木の家には、ところどころに工夫がいっぱい。
暮らしやすさと心地よさを両立した家。

「最初にお願いしたのが、収納がたくさんある家にしたいということでした。今は収納が足りていても、将来、子どもも大きくなって、いろんなものが増えても大丈夫なようにしたかったんです。」とおっしゃるのはY邸の奥さま。これから建てる家について、まずこだわったのが収納と、仕切りのない見渡せる家にしたいということだった。「うちの子は男の子だから、いつかは親とあまり話さないような時期がくるかもしれません。でも、そんなときでも、いつのまにか学校から帰ってきて部屋へ直行ではなく、帰ってきたことがわかるようにしたい。なるべくオープンな家にしたかったんです。」
だからこそなのだろう。Y邸におじゃまして、まず感じたのは、キッチン、ダイニング、リビング、畳の間とひとつづきになった空間の気持ちよさである。そして天然無垢材のナチュラルな色合いと白い壁や天井が絶妙なバランスで、空間全体にやさしい印象を与えている。これも、木のぬくもりを感じられるようにしたいけれども、あまり和風な感じや木だらけのイメージにはしたくないという、ご夫婦のこだわりだったのだという。

yaginuma-01

オープンな空間が気持ちのよいY邸。シンプルな空間の中に、実はいろんな箇所に収納スペースがあるという、収納力たっぷりな家である。玄関通路側の収納(写真右上左)の裏はそのままキッチンの棚になっている(写真右上右)。また、畳の間の下にも大きな収納スペースが隠されている(写真右下)。

ほぼイメージ通りの家ができて大満足ですよ。

Y邸を設計したのは半田雅俊設計事務所の半田雅俊氏である。Yさまご夫婦がこんな感じがいいなとイメージしていた家と作風が近かったこともあり、半田氏がこれまで手がけた事例をもとに、こんなのがいい、あんなのがいいと、打合せはとてもスムーズに進んだのだという。当初は住宅展示場に家を見に行ったり、工務店に話を聞きに行ったりもしたというが、どれも差がなく「これ!」といったものはなかった。また、夫婦ともにこだわりがあったので、建築家にお願いすることにし、建築家との家づくりが手が届く値段で実現するiestで建てることにしたのだという。上記のように半田氏の作風と2人の理想が近かったため、ほぼイメージ通りの家ができて大満足とのことだ。

yaginuma-02

階段は子どもが外から帰ってきたことがわかるオープンな空間に。素足での上り下りがとても気持ちのいい階段である。家のイメージについては手づくりの切り抜きノートをつくって、それを元に打合せを進めていった(写真右上)。洗面所は奥さまがメイクしていてもじゃまにならない充分な広さを確保している(写真右下)。

床暖房ではなく、床下暖房。それがY邸の自然な心地よさの秘密。

「半田先生が床の下に空気を循環させる床下暖房をご提案してくれたんです。」と奥さまがこの家の快適さの秘密を教えてくれた。「床の暖房って普通は床を直接暖める暖房ですが、そうではなくて、床の下に暖かい空気を通して、それを家の中に循環させるんですね。だから床も不自然に暖まりすぎないで、自然な心地よさがあって、空気の循環させているから、家中の空気が健やかなんですよ。裸足で過ごすのが好きなので、これはとても気に入っています。また、床も色や質感にこだわってナラ材のフローリングにしてもらいました。足ざわりも心地いいし、床で空間の印象がすごく変わるので、こだわってよかったです。」

top_6

LDKとひとつながりに連続したシンプルな空間にいい感じのアクセントを与えている畳の間。子どもとの遊び場になったり、ごろりと横になれる癒しの場になったりと、大活躍のスペースだ。写真の左下に見えているスリットから床下暖房の空気が循環している。

角地という立地のメリットをいかして、外の心地よさを暮らしに取り込む。

ほとんど白に近い薄いグレーのガルバリウム鋼板の外壁と、ウッドデッキやバルコニー、庭を囲む柵の木のナチュラルなアクセントがセンスよくマッチしたY邸。
「ウッドデッキに面したリビングの窓は全開して戸袋に収納できるようになっているので、お天気のいい日は窓を全開にするととても気持ちいいんです。ウッドデッキもベンチをつくってもらって、腰掛けられるようになっています。外にリビングがつながっているみたいな感じです。窓の上にはオーニングもついているので日差しもカットできます。庭を囲む木の柵の高さを人の目の高さぐらいにしてあるので、プライベートの確保をしながらも、閉鎖的な感じにならないので、角地という立地のメリットをうまくいかすことができました。」

yaginuma-03

ダイニングに面した大きな窓は戸袋に窓が収納できるようになっており、気持ちよく全開できる。ウッドデッキには日差しよけのオーニングや(写真右上)、横長のベンチも(写真右下)設置されているので、ダイニングと連続感のある心地のよい場所として楽しめる。バーベキューなんかにもうってつけの場所である。

待望のマイホームが完成した時の印象は、壁の色にしても、床の木材にしても、外壁にしても、ひとつひとつがこだわって選んだものが、家というひとつの形になったときに、またひとつ大きな感動があったということだったという。施主のさまざまなこだわりを、しっかりとバランスよくおしゃれにまとめていく手腕は、まさに建築家ならではのもの。今回はとくにYさまご夫婦の好みと、半田氏の作風が近かったことから、施主と建築家との二人三脚の家づくりがとてもうまくいった事例であったといえるだろう。建築家との家づくりにおいて施主と建築家との相性は大切なこと。建築家が選べるiestのよさがここにも表れたかもしれない。

th_IMG_1612

2階の寝室は将来的には仕切って子供部屋と寝室の2つの部屋にできるように、仕切りをつける前提で設計されている。ずっと暮らしていく家だから、将来的なことも配慮している。