上水新町の家(建築家:櫛田建築設計室)

建築家:櫛田建築設計室

天井石膏ボード貼り状況2

天井石膏ボード貼り状況

天井の下地となります。凹凸のないように注意して施工します。

天井野縁状況

天井材を取付けるための下地のことです。

破風板金巻き状況

破風板とは屋根の内部や屋根瓦の下に吹き込む風を防止するための板のことです。 屋根の先端部分になります。

外壁ラス下施工状況

サッシ廻り板金下地状況

サッシ取付状況

屋根面アクアフォーム施工完了2

屋根面アクアフォーム施工完了

ロフト階 アクアフォーム養生状況

建物の保温・遮熱の為の部材です。

屋根垂木間 通気スペーサー取付け状況

外壁通気胴縁施工状況

通気胴縁は、壁内の湿気や熱気を外へ出し、内部結露を防止し、建物の耐久性を高めます。

外壁透湿防水シート施工状況

透湿防水シートとは、水は通さず、湿気(水蒸気)は通す性質をもっています。

電気配線状況

各系統に分けて配線・配管を行います。

棟換気

棟換気は軒下から屋根の棟(頂部)へ新鮮な空気を入れ、湿気や熱気をためません。

屋根ガルバリウム鋼板縦ハゼ葺き

屋根や外壁の仕上げ材です。ガルバリウム鋼板は、アルミと亜鉛で鉄を守ることにより生まれた耐久性に優れた素材です。

外壁下地貼り

「モイス」を使用しています。

野地板貼り

屋根垂木状況

屋根を作る下地となる部分です。

上棟

建て方状況2

建て方状況

柱や梁など、建物を支える部材を一気に組み上げます。

先行足場状況2

先行足場状況

建物を建てるために、建物廻りに作業用足場を組みます。

土台敷き完了

土台敷き状況

土台敷き状況

土台は、柱から伝わる荷重を基礎に伝える役割を果たす横材です。

脱型状況

養生期間を経て型枠を外し、基礎は完成です。

立上りコンクリート打設状況

立上りのコンクリートを流し込んだら、養生期間を経て基礎は完成です。

立上り型枠建込み

基礎の見える部分の型枠を組みます。

基礎配筋状況2

基礎配筋状況

丈夫な基礎を作るために、定められたピッチで鉄筋を組みます。

外枠建て込み状況2

外枠建て込み状況

コンクリートを流し込むための型を組みます。

現場全景2

現場全景

鎮物埋没状況

地霊を鎮めるために地中に埋めます。

砕石地業

砕石を転圧して硬い地盤を作ります。

根伐り状況2

根伐り状況

基礎を作るために土を掘ります。

地鎮祭

土地の神様に、工事の安全、無事竣工を祈願します。いよいよ着工です!

解体完了2

解体完了

解体状況7

解体状況6

解体状況5

解体状況4

解体状況3

解体状況2

解体状況

解体前

実施設計中

基本設計

プレゼンテーション中

事前打ち合わせ中