① 床は無垢フローリング

uchida_tei_131224_060

iestの家は無垢の床です。木そのものの風合いを生かした無垢のフローリングには、合板では決して得られない質感や心地よさがあります。一番の特長は調湿作用です。木は製材されたあとも生きていて、湿気の多い日は水分を吸収、乾燥している日は放出して湿度を一定に保とうとします。また、コンクリートの約2倍とも言われる優れた断熱性があり、周囲の温度に影響されにくいため、夏は涼しく冬は暖かい環境をつくります。さらに、化学物質を使用しないため、有害物質を発生させず、アレルギーやアトピーの心配が少ないことも大きな魅力です。