いつまでも大好きでいられる、幸せ。

建築家とさまざまな検討を重ねて二人三脚でつくった家だから、完成したときの感動もひとしおです。そう、それはまさに理想が叶った家。その家でこれから数10年もの暮らしがはじまります。そしておそらく、暮らしはじめてからいろんな発見や実感することがあると思います。ああ、やっぱりこの空間はこだわっただけあって落ち着くなぁ、とか、なるほど、ここを建築家さんがこういうふうに提案してくれたのには、こういう意味があったのか…とか。この素材にしたおかげで時がたつほどに味わい深くなっていくなぁ、とか。暮らしてから、そんな思いをたくさんできるのも、建築家との家づくりの賜物だといえましょう。好きな空間がいっぱいある家。いつまでも大好きでいられる家。自分が毎日暮らしていく場所のことを、そんなふうに、いつまでも好きでいられるのって、とても素敵で幸せなことだと思いませんか?