暮らしやすさだって、だんぜん違う。

家というと最初に間取りから考えてしまいがちですが、それは住宅展示場に行って家を選ぶというようなハウスメーカー的な考えかたといえましょう。建築家がつくる家は、あなたの家族のライフスタイルをていねいにヒアリングして、そこから居住空間を考えていきます。とくにポイントになるのが生活動線と収納。このふたつがしっかりと、“あなたの家族仕様”に設計されていることで、暮らしやすさもだんぜん違ってきます。とくに家事をこなす奥さまにとって生活動線がちゃんと設計されているか、いないかは大切なポイントですね。

また、将来的な家族の成長をちゃんと考えていくことも大切。人生の中で子育ての期間は十数年。家族構成の変化にあわせやすいような設計をしておくことも、長く暮らしていくうえでの、暮らしやすさにつながっていきます。ていねいにゼロからつくっていく建築家との家づくりの違いはそんなところにも現れてくるのです。