5.敷地を見にいく

この敷地にふさわしい家は?
プラン提案のために建築家が自ら敷地を見にいきます。